1. TOP
  2. 新卒採用
  3. 先輩社員の声
  4. 先輩社員の声:高見 和幸

先輩社員の声

西松屋に入社を決めた理由を教えてください。
教育大学で、子どもたちを対象にしたキャンプのボランティアをしており、その経験から子どもに関わる仕事をしたいと考えていました。またアパレルにも興味があったため、子どもと洋服の両方に携われることから西松屋に興味を持ちました。
現在の仕事内容について、具体的に教えてください。
複数店舗を担当するスーパーインテンデント店長として、4店舗のマネジメントをしています。具体的には、1日1店舗ないし2店舗をまわり、帳票や売場のチェック、シフトや作業割り当て表の作成などを行います。新人のパート従業員がいる店舗や、売上が高い店舗は巡回頻度を高くしています。担当する店舗数が3店舗から4店舗に増えると聞いたときは、正直自分にはまだ早いのでは…と不安もありましたが、難易度の高い仕事の方が、より成長できると思い挑戦しようと決意しました。はじめは上司や地区長のサポートを受けることもありましたが、今では思うように4店舗を管理することが出来ています。

仕事のやりがいについて、聞かせてください。
入社後早いうちから店長を任せてもらえることが、プレッシャーでもあり、やりがいでもあります。ただ、責任ある仕事を早くから経験することで、その分早く成長できるようにも思います。私も最初は4店舗を担当するのは不安でしたが、どの店舗も滞りなくまわっているということは、自分でも気づかないうちにスキルアップしているのだと思っています。

会社の雰囲気や、働きやすさについてはいかがですか。
普段から地区長も気にかけてくださいますし、近隣店舗の店長とは月1回の研修のあと食事に行くこともあり、コミュニケーションも取れています。
休日はシフト制ですので決まった休みではなく週休2日です。平日に休みを取ることが多いですが、お店が混んでいないので好きな服をゆっくり見られますし、趣味のボルダリングも思い切り楽しめるので、うまく休日を満喫することができますね。
この会社に入って良かった!と思うのは、どんなところですか。
まわりに保育士の友人が多く、「子どもたち、みんな西松屋の服を着てるよ」「かわいい服売ってるね」と言われることがよくあります。そんな時は、間接的ではありますが、子どもや洋服に関わりたいという入社当時の希望がかなっているのかなと思います。
もちろん大変な面もありますが、店頭で子どもたちが「また西松屋に来たい!」と言ってくれているのを聞くと、この仕事をしていてよかったと感じます。

最後に就活中の学生さんへのメッセージをお願いします。
就活は、自分自身や将来を見つめる大切な時間です。私もそうでしたが、悩んだり、考え込んだりすることもあると思います。そんなときはぜひ自分だけで抱え込まず、いろいろな人に相談してみてください。私はボランティア活動のおかげでまわりにたくさんの大人がいたので、悩みを話し、意見を聞き、前向きな気持ちに立て直すことができました。そして残りの学生時代、何にでも挑戦して、やりたいこと、今しかできないことをやりきってください。

CLOSE