1. TOP
  2. 新卒採用
  3. 先輩社員の声
  4. 先輩社員の声:大石 雄一朗

先輩社員の声

西松屋に入社を決めた理由を教えてください。
当初はものづくりができるメーカーを中心に就活をしていましたが、製造小売業というものを知り、西松屋に興味を持ちました。大学時代は生命科学系の専攻だったので全く異なる分野ですが、チェーンストア理論というブレない軸があること、ジョブローテーションでさまざまな職種を経験できることにも惹かれ、入社を決めました。
現在の仕事内容について、具体的に教えてください。
主な仕事は、7名いるパート従業員のマネジメントです。本部からの指示を、パートさん1人ひとりに15分単位で作業を割り振ります。誰がいつ何の作業をするか、その進捗管理をしながらマニュアルに沿った指導や教育をすることが主な仕事ですね。前日に翌日分を作成するのですが、最近は少しずつ慣れてきました。
また業務改善に取り組めるのも現場ならではの醍醐味ですので、どんどん提案したいですね。

これまでの中で、印象的なエピソードはありますか。
お客様から接客について、クレームをいただいたことです。西松屋のお客様は妊娠されている方や小さいお子様が多いにも関わらず、そうした方への配慮が足りなかった部分があり、お叱りを受けました。そのことを従業員全員と話し合い、今後どうしていくべきかを共有することができたことは、良い経験になったと思います。お客様にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、従業員全員が気持ちを引き締めて業務に向かうようなりました。
仕事のやりがいについて、聞かせてください。
一年目から店長という責任のある仕事を任せてもらえるのは、プレッシャーも大きいですが、やりがいも大きいです。店頭でもお客様から「ありがとう」と声を掛けていただけると、モチベーションが上がります。
また私が担当する店舗では、試売品や季節商品を扱うことが多く、実験的な試みを実践していることもあり、本部の運営に関わる部分を担えているという点もやりがいとして感じています。

会社の雰囲気や、働きやすさについてはいかがですか。
店舗で正社員は店長である自分だけですが、地区長や本部の方が現場の声をよく聞いてくださるので、とてもありがたいですね。近いエリアで働いている同期とも、気軽に連絡を取り合っています。
休日は週2日です。シフト制ですので、自分のスケジュールに合わせて休みを取ることができています。
学生時代に積極的に取り組んでいたことはありますか。
大学時代は部活動でライフル射撃をしており、2~3年生にかけては主将を務めました。年上の先輩がいる状況で組織をまとめるというこの時の経験が、今の仕事にも役立っていると思います。

これからどんな仕事をしていきたいと考えていますか。
まずは、自信を持って複数店舗を担当できるようになること。これからどこに異動になっても現場を意識して仕事ができるように、まずはしっかり店舗の仕事をしていきたいです。バイヤーの仕事にも興味がありますし、いつか商品開発にも関われたらうれしいですね。ひとつの会社でさまざまな仕事が経験できるのも、西松屋の魅力だと思います。

CLOSE