NISHIMATSUYA RECRUIT

  1. TOP
  2. 新卒採用
  3. 先輩社員の声
  4. 先輩社員の声:今村 哲也
入社の動機は?
私が就職活動をしていた当時から、西松屋は業界でNo.1・2を争う企業でした。少子化社会なのに、なぜベビー・子供用品を扱う西松屋が増収増益を続けているのか。大学で経営学を学んでいたこともあり、その経営を間近で見てみたいと思ったのが志望の動機です。

現在の仕事は?
週に2日、当四半期の業績をシミュレートする他は、一日の中で決まった仕事というのはありません。立てた予算と実績を比較してその差異原因を調査したり、新店の売り上げ予算や定期予算を具体的に詰めたりといった仕事が主です。
最も忙しいのは、次年度の予算編成を行う期末。この時期はとにかく仕事が集中するので、残業する日も多くなります。
会社の予算や経費を決める今の仕事は、まさに自分がやりたいと望んでいた仕事。経営に近いところにいられるので勉強になります。社内の全部署にかかわる仕事ですので責任も重く、プレッシャーもありますが、その分大きなやりがいを感じています。
印象に残っている仕事を教えてください
店舗開発部に所属していた時に、出店を予定していた店舗の近隣に競合他社が出店するという情報を入手。通常なら一年以上かけてオープンさせるところを、かなり期間を短縮して、なんとか競合より早く開店にこぎつけました。関係部署には、ずいぶん無理をしてもらったと思います。
用地探しから開店までの全てを担当する店舗管理の仕事も、今とはまた違う苦労がありました。しかし責任ある仕事は、やり遂げたときの喜びも大きいもの。これからもプレッシャーをやりがいに変えて、仕事に取り組んでいきたいと思います。

1日の仕事の流れ