• マイナビ2020 マイナビでエントリー受付中
  • マイナビ2019
  • 先輩社員に密着!マイナビTV
  1. TOP
  2. 新卒採用
  3. 先輩社員の声
  4. 先輩社員の声:松本 規七

先輩社員の声

西松屋に入社を決めた理由を教えてください。
「理系の人材を募集している」というメールが届き、畑違いの分野にも視野を広げてみようと説明会に足を運びました。そこで西松屋の徹底した効率重視の経営方針に共感したことで、入社を希望しました。本部で働く先輩社員もみなさんにこやかで、ここなら面白い仕事ができると感じました。
入社してからのキャリアを教えてください。
入社して半年は店舗でアシスタントを経験し、その後は4年間店長として勤務しました。現在は、DB部に所属しています。
現在の仕事内容について、具体的に教えていただけますか?
常に店舗の在庫を適正に管理するのが仕事です。前年の実績や直近の売れ行きなどさまざまなデータを解析し、倉庫から店舗へ、いつ・どこに・どれだけ納品させるかを決定します。また商品の売れ行きを見て、より売れそうな店舗へ移動させることもあり、担当する商品について毎週万単位の在庫を管理しています。

仕事のやりがいについて、聞かせてください。
納品のタイミングや数量は、店舗にとって売り上げやレイアウトなどあらゆる業務に直結します。この判断を、いかに正確に行うかがDB業務の肝です。数値分析によるムダを削ったシステム構築をすることが現状のテーマであり、この仕事の面白さだと感じています。
これからどんな仕事をしていきたいと考えておられますか?
日々の業務のなかでも、まだまだ効率化を図れそうな点がいくつも出てきます。1店舗ならわずかなロスも、900店舗以上になると膨大です。なので、今後は改善案を具現化して効率を上げることで、現在作業に割いている時間を減らし、その分、立案する時間を増やしていきたいと考えています。実際に私が作成したシステムをプレゼンし、採用していただいたこともあるので、気付いたことはどんどん提案していけたら、と思っています。

これまでのキャリアの中で、印象的なエピソードはありますか?
店長をしていた時は、パートのみなさんにすごく助けていただいたことですね。これまで販売や接客の経験が全くなかったのですが、スタッフの方に助けられて成長することができました。現在の仕事も数字が相手ではありますが、店舗での経験も大いに活かされています。
最後に、就活中の学生さんへのメッセージをお願いします。
身のまわりの物事はすべて、誰かの働きによって成り立っています。多くの企業に目を向ければ、ふだんの生活で接している職業はごく一部に過ぎないことを実感すると思います。就職活動中は、いろいろな職業に出会えるチャンスです。たくさんの企業を見て、その中で自分が「ここなら楽しく働けそうだ」と思えるところを選んでください。