NISHIMATSUYA RECRUIT

  1. TOP
  2. 中途採用
  3. 教育制度

EDUCATION

西松屋チェーンでは、一人ひとりの能力を最大限に生かすため、独自のキャリアプログラムを展開。ジョブローテーションシステムを採用し、基本的には店舗でアシスタント、店長を経験した後、適材適所の配置転換が行われます。配置転換は年2回の自己申告と上司の推薦との2通りありますが、あくまで教育配転を基本として決定していきます。
個々の実力を発揮してもらうことを最優先に、社内外の研修やセミナーなどの教育システムで、キャリアアップをサポートします。

CAREER PROGRAM
キャリアプログラム

スーパーインテンデント:2〜5店舗管理できる店長、地区長:20〜30店舗管理するマネジャー、DB(ディストリビューター):商品の発注や価格調査に係わる業務を担当、マーチャンダイザー:商品開発から販売計画の立案、販売戦略までトータルに管理

INTERNAL TRAINING
社内研修

20年にわたるプログラムで、
世界で通用する人材を育成

15〜20年後に各部署で活躍してくれるスペシャリストを育成するためのプログラム。「理論のない実践は無謀であり、実践の無い理論は無力である」の考えに基づき、現場でのOJTと講師等によるOff・JTの両方から教育しています。西松屋チェーンに20年勤務すれば、世界中どこでも通用する「技術者」としての能力が必ず備わります。

EXTERNAL TRAINING
社外研修

最新の業界情報や
チェーンストア理論を学ぶ
多彩な講義

社内研修が実践主体なのに対し、社外セミナーは理論が主体です。25歳以上の全従業員を対象にしたチェーンストア理論の研修のほか、日本国内の注目店舗や、流通業先進国アメリカの最新フォーマットの調査研究などを実施。多彩な講義を通じて、商品開発や売り場作りを担当できるスペシャリストを育て上げていきます。

OVERSEA TRAINING
海外研修

流通業先進国アメリカで、
最新のフォーマットを体験

社外研修の一環として、流通業先進国であるアメリカ視察セミナーを実施。年間20名前後の社員が、現地でチェーンストアの最新フォーマットを調査・研究しています。机上で理論を学ぶだけでなく、現地で自ら実践することで、よりチェーンストアの目的と本質に近づきます。

EXAMINATION
資格試験

マネジャー資格試験

店長候補者に対し、毎月1回の研修と店舗での実務経験に基づく試験を年1回実施。1~5の項目について筆記試験を行い、合格すると実技試験へ進むことができます。筆記・実技に合格した社員はマネジャー資格を取得し、店長として活躍できます。ほとんどの社員が、入社後約1年でこの資格を取得しています。
その他にも、DB資格試験など、担当職務に必要な知識を身に付けることを目的とした試験があります。

昇格試験制度

全社員を対象に、職務遂行能力を公正に評価する制度です。主任補・主任・係長・課長各候補者に対して年2回実施しています。まず直属の上司より推薦を受けたものに対して筆記試験を実施、合格した者には論文(レポート)を提出してもらいます。合格者に対して人事考課で最終査定します。実技試験はありませんが、いろいろな知識が要求され、日々の仕事に対する姿勢等が問われます。
弊社では社員の誰もがお互いに刺激し合ながら個人の能力を飛躍的に高めており、実力のある者は入社後2年で昇格しております。